Admin New entry Up load All archives

GREENFORCEⅡ

国産大型血統オオクワガタブリード

2015羽化報告 


2015シーズンの羽化報告です。



管理No.YG1506-21
種親♂87.5mm(013YG11‐2)
種親♀54.2mm(WK氏13YGA543)

YG1506-21♂8800

飼育経過
1本目 2015年06月24日 S5PP800
2本目 2015年09月23日 S5PP1400 32.6g
3本目 2015年12月30日 S3PP1400 38.7g ※カンタケ
羽 化 2016年06月
羽化サイズ 88.0mm




1506からは88mmの他に、85mmUPが3頭羽化と健闘してくれました。

他には、1504から86mmUPと85mmUPが1頭ずつ羽化しています。

1508はライン的に?ですが、このギリ85mmは良さそうな雰囲気でしょうか。
150813850.jpg
YG1508-13


その他のラインですが、久留米も含めて大変厳しいサイズ結果になりました。

不全個体や、羽化できずに★になった個体もそこそこ出ています(汗)

まだ♀の掘り出しが残っているので、引き続き作業を進め管理表を更新してから、

2015シーズンを終了にしたいと思います。






スポンサーサイト

category: 2015年度

thread: 国産オオクワガタ  -  janre: ペット

CM: 14 TB: --   

3本目菌糸交換 


遅ればせながら、本年もどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m



能勢YG・久留米の、3本目への菌糸交換がすべて終了しました。

又、管理表の更新も済んでおります。


2本目ですが、喰いが悪かったのか全体的に微増が多く大変厳しい内容となりました。

1本目から体重を乗せられなかったので、当然軽い幼虫が多くなっています。


写真は、我が家で一番重かった幼虫です。

YG1508-14②
管理番号.YG1508-14


菌糸の影響もあるかも知れませんが、自身のブリード環境にも問題点は多々あると思うので、

思い当たる点を少しでも改善できるように取り組みます。








category: 2015年度

thread: 国産オオクワガタ  -  janre: ペット

CM: 2 TB: --   

カワラ産卵材の確認 


あるメーカーさんのカワラ産卵材を、試しに2本購入し確認してみました。


9月17日仕込み、10月10日仕上がり、その後すぐに冷蔵保存されていたものです。

11月28日に発送してもらい、11月30日に受取り、確認作業は12月6日です。

常温での保存期間は9~10日間でしょうか。

約1ヶ月半という冷蔵保存期間の腐朽進度状態は分からないです。


単純に仕上がってから約2ヶ月経過しているからなのか、けっこう柔らかい状態になっていました。

ただ、仕込むホダ木材自体は良さそうなので、腐朽進度を考慮したタイミングを今後打ち合せします。

因みに、Lサイズ規格は直径約12cm、高さ約13~14cmです。


残念ながら在庫が無かったのですが、カワラ菌より材の腐朽力が弱いオオヒラ菌で培養したオオヒラ材と言うものがあるので、試してみたいなと考えています。


カワラ①
カワラ②
カワラ③
カワラ⑤
カワラ⑥
カワラ⑦
カワラ⑧
カワラ⑨
カワラ⑩






category: 2015年度

thread: 国産オオクワガタ  -  janre: ペット

CM: 2 TB: --