Admin New entry Up load All archives

GREENFORCEⅡ

国産大型血統オオクワガタブリード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ペアリングステージ 


例年よりも早く、ペアリングステージを開始しました。

朝晩は冷え込むので、26℃設定の簡易温室(ワインクーラー)で行っています。



セット内容はいつもと同じです。

ペアリング①



ケース内の環境ですが、感覚的に横の空間よりも縦の空間を意識しています。
ペアリング②

写真のセットでは、エサ皿上部からの天井高は約10cm程ありました。



同居期間は短くて5日間、長くても7日間の予定で、オスは休息なしで行きます。

掛かり具合も気になりますが、管理不足から早期メスの成熟があまいと面倒ですね。

又、2年目オスの体力が持つのか少し不安です。


ペアリング事故も分からないので、しっかり観察したいと思います。






スポンサーサイト

category: 2016年度

thread: 国産オオクワガタ  -  janre: ペット

CM: 2 TB: --   

2016年度ブリード開始 


2016年度ブリードの種親候補を、簡易温室に入れて本格的に起こし始めました。

冬眠させていた床下収納庫から一旦常温の室内へ移動させ、25℃設定の簡易温室へ入れています。


温室25℃


起こし始めてからペアリングまでの間、我が家での簡単(単純)な成虫管理ですが、

オスに関しては環境慣れのためにペアリング用ケースへ移し、常に新鮮なゼリーを与え続けます。

飼育マットの水分量は適量でサラサラしっとりとした感じ、乾燥には気を付けます。


メスに関してですが、あまりゼリーを与えません。

単純に交尾の成功確率を上げるためで、だいたい10日間に1個くらいのペースでしょうか・・・。

感覚的ですが、ある程度お腹を空かせた状態のままオスと同居させます。

栄養は、ペアリング期間中から産卵するまでに摂るゼリーの量で十分かなと考えています。

飼育マットの水分量は少し多目に、サラサラじっとりとした感じで蒸れには気を付けます。


簡易温室ですが、日中は蒸れ防止と新鮮な空気を取り込むために扉は少し開けています。


今はこんな感じでそんなに深く考えずに管理しています(笑)


当然ですがペアリングステージは重要なので、スムーズに入れるよう準備したいですね。

生き物なので心配は尽きませんが、少なくとも7・8割から幼虫を採れれば良しとします。






category: 2016年度

thread: 国産オオクワガタ  -  janre: ペット

CM: 12 TB: --   

早期羽化♀補強 


6頭の早期羽化メス(能勢YG血統)を補強しました。

HSさんから1頭、エバクワさんから2頭、Gullさんから3頭です。

貴重な早期メスをありがとうございました。


2016年シーズンの早期メスは10頭程で、ペアリングは4月から行う予定です。

まずは幼虫採りを頑張ります。




HSさん
管理番号.15-N1-13 52.0mm

15-N1-13♀520
15-N1-13♀520管理カード②
(※HSさんトレード個体)





エバクワさん
管理番号.15NO-506 51.0mm

15NO-506♀510
15NO-506♀510管理カード



管理番号.15NO-1209 50.0mm
15NO-1209♀500
15NO-1209♀500管理カード





Gullさん
管理番号.YG1501-15 53.0mm

1501-15♀530
1501-15♀530管理カード



管理番号.YG1511-28 52.0mm
1511-28♀520
1511-28♀520管理カード



管理番号.YG1513-21 53.0mm
1513-21♀530
1513-21♀530管理カード






category: 2016能勢YG

thread: 国産オオクワガタ  -  janre: ペット

CM: 2 TB: --   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。